コミュニケーションアートのススメ

あなたの笑顔が一番の喜びです

こんにちは!
心のアートコンシェルジュ☆
はせがわ祐希です。

「子どもと遊ぶのって、すごく体力がいるんですよね。
最近は特に忙しいし、ついイライラしてしまって…」

そうですよね、お仕事や家事だけでも
毎日大変ですよね。本当にお疲れ様です。

会社に行ったり、子育てをしたり…
ずっと緊張状態が続いていて、
なかなか気が休まる時がない…

そんなお疲れ気味のお父さん、お母さんにこそ、
ぜひ「ぬり絵」をオススメさせてください☆

「緊張」と「緩和(リラックス)」

このどちらかに心が偏ってしまうと、
自律神経のバランスが崩れて、
様々な不調を抱えてしまいます。

なんか最近調子が悪いなぁ、
と感じていたら…

もしかしたら、自律神経の乱れが
原因かもしれません。

例えば、
緊張すると活発になる交感神経は、
過剰に働いてしまうと血管が収縮して、
身体の血の巡りが悪くなります。

「それならリラックスしてれば大丈夫?」

いいえ、逆にリラックスし過ぎていると、
過剰に副交感神経が働いてしまうので、
血管が拡張することで”うっ血”が起こったり、
過食が進んで肥満を引き起こしやすくなります。

「う〜ん、難しいんですね。
どうしたらバランスがとれるの?」

実は意外と知られていないのですが…
「ぬり絵」には、自律神経のバランスを
整える効果があるんです。

「ぬり絵に?え〜それって本当?」

はい。ぬり絵では、下絵の線にそって、
丁寧に色をぬっていきますよね?

その時、交感神経が働いている時と同じく、
脳も体も緊張した状態になります。

一方で、自由に色を選ぶ作業は、
心が開放され、リラックスした状態になるので、
副交感神経が働いている状態になります。

ですから、
下絵の線にそって色をぬったり、
自由に色を選んでぬり絵を楽しんでいるだけで、
自然と自律神経のバランスが整ってくるんです。

お子さんと一緒に遊びながら、
ご自身の健康にも役立つなんて、
一石二鳥の遊びだと思いませんか?

次の休みの日には、ぜひお子さんと一緒に、
ぬり絵を楽しんでみてくださいね^^

最後にひとつだけ…
余計なお節介かもしれませんが、
一言お話させてください。

どんなに疲れていたって、大変だって、
お子さんの笑顔が見たい、
そう想うのが親心ですよね。

だって、お父さん、お母さんにとって、
かけがえのないタカラモノですもの。

でも、お父さん、お母さんだって、
もちろん人間ですから、イライラする時もあるし、
体調だって崩す時もあるでしょう。

だから、お子さんに何もしてあげられてないって、
ご自身を責めないでください。

お子さんにとっての、一番の喜びは、
一緒に遊んでくれること、
わがままを聴いてくれること、
ではないと思います。

本当の一番の喜びは、
大好きなお父さん、お母さんが、
笑顔で元気でいてくれることです。

もし、ご自身を責めそうになった時、
どうかそのことを思い出していただけたら嬉しいです^^

心のアートコンシェルジュ☆
はせがわ祐希

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. コミュニケーションアートのススメ

    アートはなくてはならないもの?

    こんにちは!心のアートコンシェルジュ☆はせがわ祐希です。…

  2. コミュニケーションアートのススメ

    上手く言葉にならない気持ちを

    こんにちは!心のアートコンシェルジュ☆はせがわ祐希です。…

  3. コミュニケーションアートのススメ

    思い出は未来へのラブレター

    こんにちは!心のアートコンシェルジュ☆はせがわ祐希です。…

  4. コミュニケーションアートのススメ

    そもそも「心」って?

    こんにちは!心のアートコンシェルジュ☆はせがわ祐希です。…

  5. コミュニケーションアートのススメ

    アートは「何」で観るもの?

    こんにちは!心のアートコンシェルジュ☆はせがわ祐希です。…

  6. コミュニケーションアートのススメ

    この楽しさは体験した人にしか分からない

    こんにちは!心のアートコンシェルジュ☆はせがわ祐希です。…

  1. コミュニケーションアートのススメ

    あなたが元気でいるために
  2. コミュニケーションアートのススメ

    まっすぐに向き合えない時は
  3. コミュニケーションアートのススメ

    ありのままの自分を大切に
  4. コミュニケーションアートのススメ

    思い出は未来へのラブレター
  5. コミュニケーションアートのススメ

    上手く言葉にならない気持ちを
PAGE TOP